2011年12月20日

「土曜日という名称を改称すべき」というネタ記事




そういえば
だいぶ前に「社民党が『土曜日の名称を改称すべき』と訴えた」という記事を見たことがある
内容が内容だけにいくらなんでも作り話としか思えない話ではあるのだが
もしかして社民党なら本当にこんな事を? と思わせるリアリティあふれる文体で
ネタにしてはなかなか上手く作ったもんだなと、思わず手を叩いたもんである

該当するキーワードで検索したところ、見つけた。
これだ


------------------------------------
社民党「土曜日という名称を改称すべき」と訴え

土井たか子社民党党首は5日深夜、都内で緊急記者会見を開いた。
それによると同党首は、「ゆとり教育の見直しという声が上がっており、学校の土曜日授業を復活すべしという声が上がっている。それは教育の名を借りた子ども達の自主性を奪う行為である。学校で土曜日まで詰め込み教育をするよりも、むしろボランティア等を通じて正しい教育を行う方が大事である。」と述べた。
さらに、「これは子ども達に限らず、大人も正しい反戦運動などに身を投じることによって、日本全体が正しい行動が取れるようになると期待できる。そのことを市民にも分かり易く明らかにするためにも、土曜日という名称を変えて、「正しいことを行う日」という意味で正曜日とするのが良い。」と主張した。
同党首は次期国会にこの法案を提出すると予想されるが、もしこの法案が通れば、一週間が「月火水木金正日」となり、カレンダー印刷業界にも波紋を呼びそうだ。

------------------------------------
個人的には誰かが考えたネタだと受け止めてるのだが
実は本気だったとかいうオチはないよな?
posted by yossie at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ビジネスチャンスは意外な所に眠ってるもんだ

離婚式ねえ…
こんな事よく思いついたもんだよ

こんな事、わざわざ式挙げてどうするんだ、って個人的には思うけど
本人たちのけじめとして式を挙げるって事なのだろう

しかしこの離婚式っていうイベントを考えた人はすごいと思う
そしてそれをしっかりビジネスとして成り立たせているのだから大したもんだよ

posted by yossie at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

民主党は何があっても解散しない

一度掴んだ権力をみすみす手放すわけが無い
恐らく任期満了の4年間を色々な言葉を駆使して乗り切っていくだろう

下手したら、震災復興を理由に任期終了後も選挙を先延ばしにするような法案作るかも
作れるかどうかは分からないが、権力維持の為ならどんな手段も厭わなそうで

それまでに民主党から何人の首相が誕生するんだろうね

posted by yossie at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

民主党がお送りするブーメラン現象

読んで字の如くの民主党のブーメラン動画を集めてみた
威勢が良かったあの頃の民主党カムバックwww










posted by yossie at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

北海道民なのだが

北海道生まれの北海道民なのだけど
アイヌ民族がどうのこうのということを意識したとこは全く無い

完全に溶け込んでいるのかもしれないが
日本に溶け込んじゃいけないものでも何かあるのだろうか?

北海道にかれこれ長い間住んでいるんだけど
知り合いにアイヌ民族っていう人がいる訳じゃないし
アイヌ民族っていう人を直接見たことがないので全く分からない

posted by yossie at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。